プロフィール
プライアルトス代表取締役 鶴田裕史
プライアルトス代表取締役 鶴田裕史
株式会社プライアルトス代表、プライアルトス社会保険労務士事務所
IBM、サン・マクロシステムズで10年以上にわたりB to Bのマーケティング実務を経験、その後アクセンチュアにてIT、経営コンサルティング、新規事業立ち上げ支援、大規模プロジェクト管理等を実施、電通系の会社を経て2004年に経営およびマーケティングのコンサルテーションを行うプライアルトスを設立、代表に就任
専門分野は、事業戦略、事業計画、マーケティング戦略、契約管理、人材育成・人事・労務管理
社会保険労務士(東京会所属)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2011年03月24日

子供の卒業式で思う

本日、子供の小学校の卒業式に出席してきました。
震災の後だから思うことも多くあり、いろいろな意味で出席した人、子供たちにも思い出に残る卒業式だったと思います。
計画停電対象外地域ということもあり、予定通りの開催でしたが、体育館の電気は開始寸前までつけないで、かつ子供は防災ずきんを持っての出席となりました。開始ちょっと前に震度3の地震が起きて大丈夫かなと思った部分もありましたが、無事挙行されました。
来賓等の挨拶で若干震災にも触れましたが、極端に式の中で震災を強調することなく、落ち着いた雰囲気でした。たぶん、教室等で、被災した同じ小学生が卒業式を行えない、出れない、または出れたとしてもご両親が出席できない、そんな人たちもいる中で、自分たちの置かれた立場が相対的に恵まれたものかということは教えていただけたのではないかと推測しています。

式の間考えていたことは全く別で、まず君が代を斉唱したときに、日本という国を今までになく意識しました。国難といってもよい災害に向けて自分も含め、皆が自分のできること、自分のしなくてはいけないこと、それとどうやって将来をバラ色にしていくかを日本というレベルで考えていることの一端ではないかと思います。

また、同時に体育館に2時間いただけで、寒さに体が冷えていました。避難所の境遇は画面と言葉でしか伝わりませんし、マスコミの人も、自らがそこで生活したうえでの本人の言葉ではない、伝聞や断片的インタビューのみですので、今日のことを考えると、避難所として体育館等に寝泊まりしているかたの境遇に改めて何かできないのかと考えさせられました。

で、卒業式も終り、仕事をし、夜に通りを見ると、チェーン店の看板やネオンは消えていますが、小さい飲食店はいつもどおり煌々とした明りがともっています。被災地とそれ以外の地域、または被災地間で生じている格差への不満もありますが、停電を強いられている地域とそれ以外の地域の格差に関してあまりに鈍感、というか危機感が薄れる早さを感じます。

  

Posted by プライアルトス代表取締役 鶴田裕史 at 20:36Comments(6)一般

2010年11月29日

ブログ再開します 社労士事務所始めました

プロジェクトと資格試験受験のためしばし更新していませんでした。無事両方ともめどが立ちましたので再開したいと思います。
資格試験は社会保険労務士の試験を受けていましたが、合格しました。前回は全くと言っていいほど勉強せずに受験してしまいましたが、今回はある程度時間をかけて、勉強した結果合格し、現在登録申請中で、何も連絡がないので12月1日に晴れて登録となります。

私の経営コンサルティングの仕事では、社労士の資格がなくても多くの部分は仕事ができてしまうのですが、社労士を取得した理由は三つ

1)ある程度法律的(労働法等)の知識が整理され体得されていないと、これからのコンサルティングで必要なスキルが欠落してしまう
2)コンサルティング領域で資格が必要とされない業務であっても、未だに士業への依存度、さらにはとっかりとしてのコンタクト先が士業へ偏っている
3)士業の資格によって受注し、本来すべきサービスのレベルに達しない業務内容でのサービスを提供しているケースが多い

といったところです。
いろいろな会社の人、経営者から観た場合には、「誰に相談していいかわからない」、「資格を持っている人に相談すればよいのでは」という限られた選択肢での相談先の選定が行われ、一方士業側もいわゆる独占業務である手続きでは食っていけないので、サービス的なコンサルテーションに手をだし、そこで稼ごうとしている、という狭い世界でのやり取りが多く発生しています。
しかし、よく考えるとわかると思いますが、資格を持っていたとしても、資格試験で学習する範囲ではないこと、さらには学習しただけではわからないような内容のサービスを満足に提供できるわけがありません。社労士でいえば、人事制度、報酬制度、人材育成、組織強化など、まったく社労士の資格と関係ない業務をサービスとして提供しているケースがありますが、何十ものケースを自ら苦労して解いていかないかぎり、こんな範疇のサービスをコンサルテーションとして満足にできるわけがありません。一説によると、市販の本そのままの内容を提示してくる人もいるようです。
また、本来必要なのは、経営者の相談相手としての力量です。法律論をとうとうと教科書的に述べられても、会社の経営には役にたちません。そこでは、0点と100点の間の最適な回答と点数を導き出す、経営にも実務にも精通した知識と、整理、論理思考が必要なのです。

そのような現状を憂いて、コンサルティングの併設事業として敢えて”社会保険労務士事務所”を併設することにしました。

では次回の投稿からは、改めて開業、経営に関してと、それと併せて社労士実務だけでなく、人事・組織・経営に関する所感を投稿したいと思います。  

Posted by プライアルトス代表取締役 鶴田裕史 at 14:28Comments(0)一般

2010年02月01日

今日からブログ初めてみます

はじめまして
株式会社プライアルトスの鶴田です。

2004年に会社を設立して、もう早いもので6期目に突入しています。その間に経営としてもいろいろな局面に遭遇しましたし、お仕事を通じて沢山の人とおめにかかりました。そんなちょっとした経験や日常から会社を経営するってどんなこと?という命題に対して感じることを書いてみたいと思います。私もそうでしたが、企業に勤めたあと起業をする方が多いと思いますが、このキャリアパスでは全員が本当の意味での経営者になれるとは限りませんし、蛹が羽化するまでの間のようにある程度経営というものを体得していく時間が必要だと思います。できる限り、短い期間で経営者としての意識、技術を体得するための心得を書いていきたいと思います。

また、経営コンサルタント、マーケティングコンサルタントとして、大手企業と中小企業両方にかかわっていると、中小企業の経営者の方々に「大手のこんなところを見習うべき」、「大手にできないこんなことをやるべき」といった、中小企業ならではの問題やチャンスが見えてきます。差し支えない範囲で、私の経験や日常から経営やマーケティングにおける戦略や戦術、さらにはオペレーションの仕組みまで、いろいろなことを書いていきたいと思います。

一応初回なので自己紹介ですが、自分の会社では、経営コンサルティングと言いながら、事業計画、経営管理、新規事業、プロジェクト管理、マーケティング、事業オペレーション、はたまた外部取引先や提携先との交渉等までいろいろなことを行っています。特に、最近では中小企業向けの経営支援やプロジェクト支援が多く、もっと最適なサービスを堂々と提供できるように(今は士業ではなくあくまでもボランティア的にサービスしている内容をカバーするために)、個人的にはいくつかの士業の資格を取ろうと思っています。

IBM、サン・マイクロシステムズでIT技術とマーケティング、アクセンチュアでコンサルティング技術や経営現場でのコンサルティング経験を数多くこなした結果、マルチプレイヤー的に営業、マーケ、法務、財務など幅広くカバーできるため、いろいろな機会をいただくことが多いので、その経験等もブログでお話できればと思っています。

これから不定期更新になると思いますが、よろしくご支援お願いします。  

Posted by プライアルトス代表取締役 鶴田裕史 at 11:55Comments(0)一般