プロフィール
プライアルトス代表取締役 鶴田裕史
プライアルトス代表取締役 鶴田裕史
株式会社プライアルトス代表、プライアルトス社会保険労務士事務所
IBM、サン・マクロシステムズで10年以上にわたりB to Bのマーケティング実務を経験、その後アクセンチュアにてIT、経営コンサルティング、新規事業立ち上げ支援、大規模プロジェクト管理等を実施、電通系の会社を経て2004年に経営およびマーケティングのコンサルテーションを行うプライアルトスを設立、代表に就任
専門分野は、事業戦略、事業計画、マーケティング戦略、契約管理、人材育成・人事・労務管理
社会保険労務士(東京会所属)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2010年02月01日

今日からブログ初めてみます

はじめまして
株式会社プライアルトスの鶴田です。

2004年に会社を設立して、もう早いもので6期目に突入しています。その間に経営としてもいろいろな局面に遭遇しましたし、お仕事を通じて沢山の人とおめにかかりました。そんなちょっとした経験や日常から会社を経営するってどんなこと?という命題に対して感じることを書いてみたいと思います。私もそうでしたが、企業に勤めたあと起業をする方が多いと思いますが、このキャリアパスでは全員が本当の意味での経営者になれるとは限りませんし、蛹が羽化するまでの間のようにある程度経営というものを体得していく時間が必要だと思います。できる限り、短い期間で経営者としての意識、技術を体得するための心得を書いていきたいと思います。

また、経営コンサルタント、マーケティングコンサルタントとして、大手企業と中小企業両方にかかわっていると、中小企業の経営者の方々に「大手のこんなところを見習うべき」、「大手にできないこんなことをやるべき」といった、中小企業ならではの問題やチャンスが見えてきます。差し支えない範囲で、私の経験や日常から経営やマーケティングにおける戦略や戦術、さらにはオペレーションの仕組みまで、いろいろなことを書いていきたいと思います。

一応初回なので自己紹介ですが、自分の会社では、経営コンサルティングと言いながら、事業計画、経営管理、新規事業、プロジェクト管理、マーケティング、事業オペレーション、はたまた外部取引先や提携先との交渉等までいろいろなことを行っています。特に、最近では中小企業向けの経営支援やプロジェクト支援が多く、もっと最適なサービスを堂々と提供できるように(今は士業ではなくあくまでもボランティア的にサービスしている内容をカバーするために)、個人的にはいくつかの士業の資格を取ろうと思っています。

IBM、サン・マイクロシステムズでIT技術とマーケティング、アクセンチュアでコンサルティング技術や経営現場でのコンサルティング経験を数多くこなした結果、マルチプレイヤー的に営業、マーケ、法務、財務など幅広くカバーできるため、いろいろな機会をいただくことが多いので、その経験等もブログでお話できればと思っています。

これから不定期更新になると思いますが、よろしくご支援お願いします。


同じカテゴリー(一般)の記事
子供の卒業式で思う
子供の卒業式で思う(2011-03-24 20:36)

Posted by プライアルトス代表取締役 鶴田裕史 at 11:55│Comments(0)一般
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。