プロフィール
プライアルトス代表取締役 鶴田裕史
プライアルトス代表取締役 鶴田裕史
株式会社プライアルトス代表、プライアルトス社会保険労務士事務所
IBM、サン・マクロシステムズで10年以上にわたりB to Bのマーケティング実務を経験、その後アクセンチュアにてIT、経営コンサルティング、新規事業立ち上げ支援、大規模プロジェクト管理等を実施、電通系の会社を経て2004年に経営およびマーケティングのコンサルテーションを行うプライアルトスを設立、代表に就任
専門分野は、事業戦略、事業計画、マーケティング戦略、契約管理、人材育成・人事・労務管理
社会保険労務士(東京会所属)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2010年02月08日

起業時の苦しみ お金

私の会社の資本金は200万円、個人として供出でき、かつ数ヶ月のオペレーションを維持できる最小限の費用として準備しました。あえて資金繰りという言葉を使わなかったのは、出資や投資が伴わないコンサルティング業ですので、いってみればお小遣い帳の世界に近いお金の管理だからです。最近、特に感じるのは企業に勤めている時には、この単純な会社のお金の出入りの感覚が無いため、売上と費用の感覚が麻痺していたと思っています。会社を辞めて自らがお金の管理をしてみて初めてわかる入出金、支払いのタイミングを把握することの重要性だと思います。会社は自然に給与を出している訳ではありませんので。


さて、200万円でどこまで維持できたかというと、3ヶ月。200万円の中から登記等の費用、家賃、社会保険と厚生年金の最小限の金額を維持するための月々数万円の給与、そんなものが積み重なって持って3ヶ月です。物販やら何やらの費用がかかる業種であればやはり1000万円の資本金というのは理にかなっている制度だと改めて考えさせられます。

個人の収入なんか2の次で、支出を押さえるために何をするか、一日でも早くお金を回収するためには何をすべきか、毎日自問自答していろいろなことを試してみました。所謂雇われ取締役感覚の人や、お金感覚がルーズな人と組んでいたら今の私の会社も存在しないと思います。とりあえず歯を食いしばって、営業しながらとれた仕事をこなし、夜は夜でメールやら紹介サイトやらホームページやらありとあらゆる機会にトライという状態が続きました。

でも今になって思うといい経験だと思います。

タグ :起業経営

同じカテゴリー(経営)の記事
Posted by プライアルトス代表取締役 鶴田裕史 at 12:06│Comments(3)経営
この記事へのコメント
FCで起業しても同じですね
Posted by フランチャイズ at 2010年07月09日 20:14
不況の多くの指標があります。企業があるため需要減少の少ないアイテムを販売しています。これは、インフレ、デフレとスタグフレーションを含む、いくつかの理由で発生する可能性があります。価格は、上昇落ちたり成長に失敗した場合これらは。このような時代では、企業が苦しむ、株主はお金を稼ぐことはありませんし、作業力が小型化されています。ありがとうございます。
Posted by research paper writing service at 2013年06月27日 16:12
夜は夜でメールやら紹介サイトやらホームページやらありとあらゆる.
Posted by government grant proposal at 2013年07月09日 04:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。