プロフィール
プライアルトス代表取締役 鶴田裕史
プライアルトス代表取締役 鶴田裕史
株式会社プライアルトス代表、プライアルトス社会保険労務士事務所
IBM、サン・マクロシステムズで10年以上にわたりB to Bのマーケティング実務を経験、その後アクセンチュアにてIT、経営コンサルティング、新規事業立ち上げ支援、大規模プロジェクト管理等を実施、電通系の会社を経て2004年に経営およびマーケティングのコンサルテーションを行うプライアルトスを設立、代表に就任
専門分野は、事業戦略、事業計画、マーケティング戦略、契約管理、人材育成・人事・労務管理
社会保険労務士(東京会所属)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2011年02月28日

共同経営者の条件 (3)

共同経営を行う場合にはつかず離れずの関係がよいという事と共に、もう一つ重要なこととして型へのこだわりがないことが共同経営を成功させるための秘訣だと思います。

どんな人でもスタイルや考え方はあるわけで、それが無いのであればそもそも経営は無理です。その一方で自らの型を人に押しつけるタイプでは共同経営は成功しません。特に大企業で部下を使っていた人であると、仕事の進め方から始まりあらゆる事に自らのスタイルを徹底することを求めます。従業員が多くなり、その従業員に対してであれば必要な事ですが、共同と言っても独立した主体である経営者間でスタイルの押し売りは禁物です。相手が自らが想定する型にはまらなくても、それを認めていく必要があります。

型を押しつけるタイプの人間像は簡単に判別できます。
1)相手の意見を伺うが、結果として自らの考えに同調させる(強要する)
2)意見だけでなく、様々な事象に関して他人に蘊蓄を披露する
3)相手の予定や仕事、状態を考えず自分の話を進める
4)とにかく物にこだわる(特に車やワインなどの嗜好的なもの)、その上他人に自慢や強要をする
5)プライドが高く、自慢か人の悪口を言うことが多い(かつ話が大きい)

このタイプの人は、経営者としてはかなりの問題を抱える可能性がありますので、共同経営者としないほうが良いようです。知り合いの税理士さんに聞いたところですと、同じタイプの人は税務上も問題児で、実際には支払いができない場合などが多いそうで、実地調査等を行って裏をとったりする対象のようです。


同じカテゴリー(経営)の記事
Posted by プライアルトス代表取締役 鶴田裕史 at 15:14│Comments(0)経営
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。