プロフィール
プライアルトス代表取締役 鶴田裕史
プライアルトス代表取締役 鶴田裕史
株式会社プライアルトス代表、プライアルトス社会保険労務士事務所
IBM、サン・マクロシステムズで10年以上にわたりB to Bのマーケティング実務を経験、その後アクセンチュアにてIT、経営コンサルティング、新規事業立ち上げ支援、大規模プロジェクト管理等を実施、電通系の会社を経て2004年に経営およびマーケティングのコンサルテーションを行うプライアルトスを設立、代表に就任
専門分野は、事業戦略、事業計画、マーケティング戦略、契約管理、人材育成・人事・労務管理
社会保険労務士(東京会所属)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2011年03月04日

組織強化 教育の有効性

組織力を強化するためには、個々人の力を向上させることと、組織としての機能を整理して強化に繋げることの両面が必要です。どんなにすばらしいプレイヤーを揃えたチームでも、チームとして連携しない状態では勝利には結びつきませんし、どんなに結束力があり連携して動くチームであっても個の力が絶対的に必要なレベルに達していなければ試合に臨めないことと一緒です。

組織として機能するために必要なことは別の機会に投稿させていただくとして、今回は個の力を向上させるための施策に関して書きたいと思います。

まず、本来大事なことは仕事を通じて、日常の活動の中でスキルや知識、そして対応能力を向上させることです。従って、前回書きました企業内での文化、別の見方をすると暗黙知の継承は非常に重要な要素を占めます。昔ほど長期に同一の職場で仕事をすることもなく、かつ中途の人も多くなってきていますし、世代によって会社での生活の方法も変わってきていますので、企業としての文化の継承は難しくなってきています。そのため、企業活動の中で、自然と人材を育てることはますます難しくなってきているのではと感じます。

そこで、研修・教育といったことが必要になるのですが、これはこれで大問題だと思います。例えば、「提案営業ができないから、提案営業の研修を行う」という安易な教育プログラムに走る経営者が多く、それに対して画一的でかつ実践力や教育能力の低い研修会社が研修を提供するスタイルが広まっていると思われます。研修を提供している会社それぞれの事情があると思いますが、研修の結果で求められているものに責任を持てないためか、やりっ放しの研修がほとんどです。

プロジェクト管理の研修を受けてプロジェクト管理が一定レベル以上にできるようになるわけではありまえんし、ロジカルシンキングの研修を受けたから論理的思考ができるわけではありません。それ以前の問題として組織に内在している問題、個人に内在している問題が存在することを多くの場合見落としていると思います。上記のようなトピックスでの研修は型を教科書的に学ぶもので、それを理解し使いこなすためには、ある程度の基礎スキルが必要になるのです。

従って、例えば仕事の管理が上手くいかない場合であれば、コミュニケーションそのもの、論理的な思考ができないのであれば文書や書類の作成方法など、どちらかというと頭の中の知識でなく、行為や日常生活での作業に限定して研修を行い、後は各自でプロジェクト管理なり論理思考なりの勉強をすべきでしょう。会社がひとつひとつのトピックスや型のための研修にお金を費やしても効果は薄いと思います。


同じカテゴリー(経営)の記事
Posted by プライアルトス代表取締役 鶴田裕史 at 15:20│Comments(0)経営
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。